Category : FISCO

1時間前

個人投資家PIPE-gii:独自総合指数で今週を分析!!【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家PIPE-gii氏が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人と連携し、より多様な情報を投資家に向けて発信しております。

-------

※2018年1月22日8時に執筆

■算出根拠となる独自総合指数値は、3.153(前日比↑) :(前日3.116)
◆米10年債金利:2.663(前日比↑)
◆米2年債金利:2.065(前日比↑)
◆米10・2年債金利差:0.598(前日比↑)
◆日米10年金利差: 2.579(前日比↓)
◆ドル円: 110.58円(前日比↓)
◆NY金:1,331.80 (前日比↓)
◆日経225先物: 23,830円(前日比↑)

■今週の日経平均株価予想(1月22日~1月26日)
始値:23,800 円(先週末比↓)
高値:24,000 円(先週末比↑)
安値:23,500 円(先週末比↓)
終値:23,750 円(先週末比↓)

■今週の日経平均株価予想
NY市場の米10年債金利は上昇とドル円は下落、日経225先物は23,830円(前日13時比30円高)で終えています。独自総合指数は、最高値圏で3.153(前日比↑)を維持。始値は23,800円辺りで始まり、高値は24,000円辺りと予想。高値圏では、利益確定売りで上値は重いでしょう。週間では23,500円辺りまで下げる場面もあると見ていますが、安値圏では、押目買いと個別物色が期待できるでしょう。終値は、下げ幅を縮めて23,750円辺りまで戻すと想定、円高圧力になっていて株価の重石になっているようです。日柄チャートの5日移動線(23,729円)辺りを挟んでのもみ合いが想定されそうです。
◆12月のメジャーSQ値(22,590円)と1月SQ値(23,723円)で、この値ラインを意識して日々の値動きをリサーチしています。

■今週のドル円予想
上限値111.80円~下限値109.80円レンジ!!
■16:00時点は110.58円辺りで始まり、独自総合指数が3.153(前日比↑)と上昇、米10年債金利は上昇とNY金価格は下落。高値は111.80円辺りと予想、高値圏では、利益確定売りで上値は重いでしょう。安値は109.80円辺りまで下げて、安値圏では押目買いが入ることも期待できるでしょう。日足チャートの3日移動線(110.88円)を挟んでの展開を想定、高値圏では上値が重いでしょう。120.00円ラインと18週(112.63円)・56週移動線(112.27円)をデッドクロスしていて、18・56週移動線は下方向に進行、ドル円は緩やかな下落トレンドで推移するでしょう。また、これまで投機筋ポジション(11月1週から)のドル買い越しが摘み上がっていて、海外勢と投機筋の円買いポジション移行には、注意したいところでしょう。地政学リスク要因次第では、大きく動く場面もあるでしょう。

◆米10年債金利は、18.1.18日朝にFRB発表の地区連銀経済報告書(ベージュブック)の報告が好感され、米10年債金利は2.663(18.1.20朝)と急上昇。日米金利差が拡大したものの、ドル円は下落していて、上値が重くなっています。米長短金利差は0.598(前日比↑)辺りで最低値圏を継続、ドル円との乖離幅が縮まって、ドル円が米長短金利差に接近してきていて、円高圧力になっているようです。

◆米2年債金利は、概ね日経平均株価と連動性が高く株価の先行指標、また米国景気・経済の先行指標と言えるでしょう。足元の米2年債金利は2.065(前日比↑)で2008年9月以来の高値水準をつけ、株価の引き上げ効果で米株は史上最高値圏になっています。米政権の不透明性と地政学リスクで、米2年債金利の急低下には注意が必要です。

◆ドル円の今後3月末辺りまでは、上限値111.80円から下限値109.00円レンジ内で、トレンドは緩やかな下落が想定されそうです。

(注)米長短金利差は、米国金融政策と米国経済に敏感に反応して動き、米景気の先行指標と言われています。ドル円と米長短金利差では、概ね米長短金利差が先行して動き、ドル円との乖離幅は時間とともに収斂してどちらかに接近します。

---------

執筆者:PIPE-gii
ブログ:独自総合指数で金融市場を分析する!!
※毎朝8時半前後に更新

<WA>

2時間前

欧州為替:ドル・円はじり安、ユーロ・ドルは高値圏

ドル・円はじり安となり、足元は110円70銭付近にやや値を下げる展開。ユーロ・ドルが1.2250ドル台と高値圏に持ち直し、ドルの重石となっている。また、米株式先物はマイナス圏で推移しており、今晩の米株安を見込んだドル売りも観測される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円68銭から110円89銭、ユーロ・円は135円55銭から135円75銭、ユーロ・ドルは1.2235ドルから1.2256ドルで推移した。


<MK>

3時間前

JASDAQ平均は連日の史上最高値、ハイパーなどが連日買われる



JASDAQ平均   4208.43 +38.79/出来高 2億0101万株/売買代金 1382億円
J-Stock Index 3945.81 +49.01

 本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexが揃って続伸。JASDAQ平均は19日に記録した終値ベースの史上最高値を、J-Stock Indexは16日に付けた史上最
高値をそれぞれ更新した。値上がり銘柄数は447(スタンダード418、グロース29)、値下がり銘柄数は213(スタンダード206、グロース7)、変わらずは59(スタンダード54、グロース5)。19日の米国株式市場では、NYダウ、ナスダック総合指数は上昇。しかし、米連邦政府機関の長期的な閉鎖による経済への悪影響などの警戒感や、為替が円高方向に振れている上、明日から始まる国内主要企業の決算発表を前に様子見ムードが広がり、物色の矛先は値動きの軽い中小型株に向かった。
 個別では、26日付で東証1部への指定替えが発表されたトリケミカルが前営業日比700円(15.95%)高の5090円とストップ高まで買われた。来月末にTOPIXに組み入れられるため、TOPIXをベンチマークとする国内機関投資家などの買い需要が見込まれ、先回り的に短期資金が集まった(機関投資家の買い需要は約44万株と試算される)。また、1対3の株式分割を発表したデュアルタップ、今期の単体営業黒字化への期待感が高まった新都HD、サイバーセキュリティー製品「AppGuard(アップガード)」の提供を開始すると先週末に発表し引き続き関心が継続したハイパーなどが揃ってストップ高を演じた。このほか、レカム、ヤマノHDなど低位株にも値動きの軽さに着目した買いが散見された。
 一方、下落率トップは7.57%安のルーデン。電気自動車(EV)関連として値を上げていたSEMITECは、利益確定売りに押された。NFK-HDは、上値の重さが嫌気された格好か。そのほか、特殊電極、エスケー化研などが下落率上位にランクインした。
 JASDAQ-TOP20では、田中化研、ザイン、ハーモニックなどが買われた。




・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 2776|新都HD       |   210|

3時間前

米政府機関閉鎖で3月利上げは微妙な状況?

 米議会上院は19日夜(日本時間20日昼)、新たなつなぎ予算案の採決に進むために必要な動議を否決したことから、予算切れにともない、20日から政府機関の一部が閉鎖されています。記録によると、政府機関の閉鎖は過去18回発生しているそうです。オバマ政権下の2013年には16日間の閉鎖で80万人以上の政府職員が一時帰休しています。
 上下両院で与党が多数派を占めている状況下にもかかわらず、つなぎ予算を可決することができなかったのはやはり問題です。市場関係者の間では「2018会計年度の本格的な予算成立は当面期待できない」との声が聞かれており、当面は短期のつなぎ予算を可決することでしのいでいくことになりそうです。
 なお、政府機関の閉鎖によって、各省が発表する経済指標の発表スケジュールは変更される見込みです。政府機関の閉鎖が今週末まで続いた場合、26日発表予定の10-12月期米国内総生産(GDP)速報値などの経済指標の発表は延期されると思われます。1月30-31日に予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合は、政府機関閉鎖の影響は受けないため予定通り開催されるはずですが、政府機関の閉鎖が米国経済に与える影響などを考慮する必要があるため、3月利上げの可否にも微妙な影響を与えそうです。
<MK>

3時間前

日経平均テクニカル:陰転シグナルへの警戒がダマシになる可能性も

小幅に続伸。反落して始まったが、その後は狭いレンジでのこう着が続くなか、大引けにかけてプラス圏を回復している。引き続き5日線を挟んでのこう着。ボリンジャーバンドでは+1σでの攻防となり、+1σと+2σとのレンジ推移は継続している。一目均衡表では転換線を挟んでの推移となっている。これまでと同様、シグナルに変化はなく、長期上昇トレンドの中での短期調整との見方。ただし、ボリンジャーバンドの+1σを割り込んでくるようだと、23450円辺りに位置するパラボリックのSAR値にタッチする可能性がある。MACDはシグナルとの乖離が縮小してきており、陰転シグナル発生が近づいている。出来高の5日、25日平均線とのデッドクロスが近づいているが、直近の出来高の薄いところを通過するため、5日線が切り上がってくる可能性がある。足元の陰転シグナルへの警戒がダマシになる可能性もありそうだ。
<CS>

3時間前

欧州為替:ドル・円は失速、ユーロ・ドルは持ち直し

ドル・円は欧州市場に入り一時110円89銭まで強含んだが、その後は失速し足元は110円70銭台で推移している。ドイツの政局リスク後退を受けユーロ・ドルが1.22ドル台半ばまで持ち直した影響で、ドルにやや下押し圧力がかかっているもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円73銭から110円89銭、ユーロ・円は135円55銭から135円75銭、ユーロ・ドルは1.2235ドルから1.2250ドルで推移した。

<MK>

3時間前

中国OKCoin、韓国に仮想通貨取引所を開設【フィスコ・ビットコインニュース】

コリアタイムズの報道によると、中国の三大仮想通貨取引所のひとつであるOKCoinが韓国で事業を開始することが明らかになった。

OKCoinは、2013に中国で設立された。昨年9月に中国政府が国内の仮想通貨取引を禁止して以来、別の市場での事業運営に関心を示しており、その一環として昨年10月にOKCoin Koreaを設立した。同社CEO のChris Lee氏は、仮想通貨取引のグローバルリーダーになるための足掛かりとして韓国での事業開始を決めたと語っている。韓国では、今月に入って政府が仮想通貨取引の全面的な禁止を検討していることが明らかになったが、OKCoinの計画を阻害するものにはならないようだ。

仮想通貨の価格情報サイトCoinhillsによると、OKCoin が運営する仮想通貨取引のプラットフォームOKExは現在、ビットコインの取引量は世界第4位の規模である。報道によれば、OKExでは60種類以上の仮想通貨の取引を韓国ウォンで行うことを計画しているようだ。

OKCoinのローカルパートナーとしては、韓国でPC・モバイルゲームの制作・配信事業を行うNHNエンターテインメントが候補に挙がっている。サーバーのオペレーションや顧客管理を担うことが想定されている。韓国では、代表的なゲームの開発事業者、Nexonの親会社NXCが昨年9月に同国内の大手取引所Korbitを買収してから、現地のゲーム産業による仮想通貨事業参入への関心が高まっている。


<MS>

4時間前

22日の香港市場概況:ハンセン0.4%高で連日高値、本土系不動産セクターに買い

週明け22日の香港市場は値上がり。主要51銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比138.52ポイント(0.43%)高の32393.41ポイントと5日続伸し、本土企業株で構成されるH株指数が25.06ポイント(0.19%)高の13204.58ポイントと17日続伸した。ハンセン指数は連日で史上最高値を更新している。売買代金は1689億3400万香港ドルと高水準が続いた(19日は1625億8400万香港ドル)。

中国企業の業績期待が強まる流れ。中国で2017年の国内総生産(GDP)成長率が6.9%で着地し、7年ぶりに前年成長率を上回るなか、主要企業の通期決算も良好な内容になると連想されている。本土資金の流入もプラス。中国・香港株式市場の相互接続制度を通じた取引では、本土投資家による香港株の買い越しが足元で続いている。もっとも上値は限定的。米政府機関の一部閉鎖や、米金利高などが不安材料となった。指数は一時マイナス圏に沈んでいる。

指数構成銘柄では、本土系不動産株の上げが目立つ。ハンセン指数構成の華潤置地(1109/HK)が6.4%高、中国海外発展(688/HK)が2.0%高、H株指数構成の万科企業(2202/HK)が1.8%高で引けた。華潤置地と中国海外発展はそろって上場来高値を切り上げている。住宅販売の好調が引き続き材料視された。

マカオ・カジノセクターも高い。金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が4.1%、澳門博彩HD(SJMホールディングス:880/HK)が4.8%、永利澳門(ウィン・マカオ:1128/HK)が3.2%、銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が3.2%ずつ上昇した。

消費関連セクターも物色される。百貨店チェーン中国大手の百盛商業集団(パークソン・リテール:3368/HK)が7.3%高、米菓・飲料メーカーの中国旺旺HD(151/HK)が4.6%高、乳製品メーカー中国大手の中国蒙牛乳業(2319/HK)が2.1%高、即席めん・飲料大手の康師傅HD(ティンイー:322/HK)が1.6%高と値を上げた。

本土市場は5日続伸。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.39%高の3501.36ポイントで取引を終えた。消費関連株が高い。空運株、自動車株、鉄鋼株、ITハイテク関連株、バイオ医薬関連株なども買われた。

【亜州IR】


<CS>

4時間前

22日の日本国債市場概況:債券先物は150円37銭で取引終了

<円債市場>
長期国債先物2018年3月限
寄付150円39銭 高値150円41銭 安値150円34銭 引け150円37銭
売買高総計17757枚

2年 384回 -0.140%
5年 134回 -0.075%
10年 349回  0.080%
20年 163回  0.590%

債券先物3月限は150円39銭で取引を開始し、一時150円41銭まで買われたが、
午後の取引で150円34銭まで反落。ただし、長期債の気配が持ち直したことから、
150円39銭まで戻し、150円37銭で引けた。現物債の取引では、10年、10年超の
年限の気配が相対的にしっかりとなった。

<米国債概況>
2年債は2.07%、10年債は2.66%、30年債は2.94%近辺で推移。利回りは
やや上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.58%、英国債は1.35%、オーストラリア国債は2.86%、
NZ国債は2.95%近辺で推移。


・22:30 米・12月シカゴ連銀全米活動指数(予想:、11月:0.15)
・ユーロ圏財務相会合

<MK>

4時間前

米国株式見通し:債務上限とネットフリックス決算に関心

S&P500先物 2807.50(-3.50) (17:30現在)
ナスダック100先物 6839.50(-6.25) (17:30現在)

17:30時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小安く推移している。また、NYダウは40ドル安程度で推移。欧州市場は小幅ながら高安まちまちで推移している。原油相場は小幅に上昇して推移している。この流れを受けてやや売り先行の展開が見込まれる。19日の米株式市場は、政府機関閉鎖への影響は限られるとの楽観的な見方から、NYダウ、ナスダックいずれも上昇している。とはいえ、政府機関閉鎖の影響を見極めたいところであろう。週明けの下げが警戒されてる一方で、短期に解決し、その後の買い戻しを意識したスタンスもあり、方向感が出難い。その他、引き続き多数の10-12月期決算発表が予定されており、決算への関心が高まろう。本日はFANG銘柄であるネットフリックスの決算が予定されている。先週はアップルの雇用と投資計画がポジティブ視されていただけに、FSNG銘柄の一角であるネットフリックスへの注目度も高そうである。

<TM>

4時間前

マザーズ先物概況:続伸し一時上場来高値更新、中小型株物色に流れが波及

22日のマザーズ先物は続伸。+32.0pt(+2.51%)高の1304.0ptで取引を終えた。高値は1309.0pt、安値は1269.0pt、売買高は2605枚。19日の米国株式市場は値上がりしたものの、為替の円高傾向や国内主要企業の決算発表を前などに、主力の東証1部市場では模様眺め機運が広がり、全般こう着感の強い展開となる中、資金の流れは中小型株中心の新興市場にシフトした。1対3の株式分割を発表したハイアスやコラボスがともにストップ高を演じるなど、材料株が物色され、マザーズ先物にも買いが波及。一時前日の終値比37pt高の1309.0まで上伸し、15日に記録した上場来高値を更新した。また、ミクシィやCYBERDYNE、SOSEIなどの時価総額の大きい銘柄も上昇したこともプラスに働いた。
<WA>

前の記事へ »