Category : 特集記事/コラム

monex-logo
2時間前

決算後に強気の評価が増えた銘柄は

7月下旬からスタートした3月決算企業の第1四半期の決算発表も先月中旬に終わりました。したがってアナリストによる業績や目標株価、さらに投資判断の見直しもずいぶんと進んだと思われます。そこで今回はTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に決算後に強気(強気とやや強気の合計)の評価が2人以上増えたものをピックアップしてみました。

そのなかで強気の評価が3人増えたのが出光興産(5019)とコマツ(6301)で、出光興産では決算発表前に1人だった強気評価が4人に、そしてコマツでは4人だったものが7人となり、コマツでは強気評価の割合が3割弱から5割まで上昇しています。また、JSR(4185)とデンソー(6902)、トヨタ(7203)でも決算後に強気の評価がそれぞれ2人増加しています。

soubafukunokami
6時間前

藤本誠之 2017年9月21日 半歩先読み 任天堂、時価総額6兆円 9年ぶり回復 任天堂の大株主は・・・ 第956回

相 場の福の神が語る!ニュースを半歩先読みマル秘術  任天堂、時価総額6兆円 9年ぶり回復 任天堂の大株主は・・・ 第956回   任天堂、時価総額6兆円 9年ぶり回復 日本経済新聞 投資情報 17面   任天堂 (79

bond2
17時間前

国内債券市況コメント(9月20日)

9月20日の国内債券市場:横ばい圏の動き   【債券先物】 前日の海外市場では引き続き米長期金利が小幅に上昇していたこともあり、債券先物(12月限)は前日比4銭安の150円73銭でスタート。寄り後すぐには前日比

soubafukunokami
1日前

藤本誠之 2017年9月20日 半歩先読み 商業地 2年連続上昇 社名の連想から・・・  第955回

相 場の福の神が語る!ニュースを半歩先読みマル秘術  商業地 2年連続上昇 社名の連想から・・・  第955回   商業地 2年連続上昇 日本経済新聞 1面   国土交通省が19日発表した2017年7月1日時点の基準地価

monex-logo
1日前

上方修正が物足りない銘柄は

3月決算企業の第1四半期決算発表も先月中旬に終わりましたが、日本経済新聞の集計によるとこの第1四半期は上場企業の約7割が増益を確保し、2割を超す経常増益となったようです。そしてこのように好調な決算となるなかで通期の業績予想を第1四半期から上方修正する企業も少なからずみられましたが、そうした銘柄のなかには上方修正が物足りなくみえるものもあります。

そこで今回は上方修正に踏み切った3月決算銘柄のなかから上方修正後の会社予想とコンセンサス予想が10%以上かい離している銘柄をピックアップしてみました。例えば上方修正で一桁の増益予想が二桁の増益予想となったファナック(6954)ですが、それでも上方修正後の会社予想とコンセンサス予想は15%近くかい離しています。また、減益予想が増益予想となった古河電気工業(5801)でも会社予想とコンセンサス予想が10%かい離しています。

bond2
2日前

国内債券市況コメント(9月19日)

9月19日の国内債券市場:リスクオンの流れで株高・債券安が進行   【債券先物】 前日の海外市場では米長期金利が2.2%を超える水準まで上昇しており、債券先物(12月限)も前週末比14銭安の150円82銭でスタ

soubafukunokami
2日前

藤本誠之 2017年9月19日 半歩先読み 来月22日投開票 選挙関連銘柄に注目! 第953回

相場の福の神が語る!ニュースを半歩先読みマル秘術 来月22日投開票 選挙関連銘柄に注目! 第953回   来月22日投開票 日本経済新聞 1面 安倍首相は、28日召集の臨時国会の冒頭で解散し、衆院選を「10月1

bond2
5日前

国内債券市況コメント(9月15日)

9月15日の国内債券市場:北朝鮮のミサイル発射を受けて債券先物は大幅反発   【債券先物】 朝方に北朝鮮が日本上空を通過するミサイルを発射したことから、債券先物(12月限)は前日比8銭高の150円85銭でスター

monex-logo
6日前

上方修正で一転して増益予想となった銘柄は

3月決算企業の第1四半期決算発表も先月中旬に終わりましたが、日本経済新聞の集計によるとこの第1四半期は上場企業の約7割が増益を確保し、2割を超す経常増益となったようです。そしてこのように好調な決算となるなかで通期の業績予想を第1四半期から上方修正する企業も少なからずみられました。そこで今回は上方修正に踏み切った銘柄のなかから営業利益の見通しが減益予想から一転して増益予想となった3月決算銘柄をピックアップしてみました。

取り上げた銘柄では上方修正により減益予想が増益予想となったこともあって決算後に株価が堅調なものが目立ちます。例えば上方修正で最高益を更新する見込みとなったステラケミファ(4109)では、電気自動車関連ということもあり株価が決算後に大きく上昇しています。また、上方修正で二桁の大幅増益予想となった古河電気工業(5801)でも決算後に株価が水準を切り上げ昨日に年初来高値を付けています。

soubafukunokami
6日前

藤本誠之 2017年9月15日 半歩先読み 首都圏マンション 6.9%増 首都圏に強みを持つ会社は・・・ 第952回

相 場の福の神が語る!ニュースを半歩先読みマル秘術  首都圏マンション 6.9%増 首都圏に強みを持つ会社は・・・ 第952回   首都圏マンション 6.9%増 日本経済新聞 企業総合 15面   不動産経済研究所が14

bond2
7日前

国内債券市況コメント(9月14日)

9月14日の国内債券市場:先物主導で軟調な展開   【債券先物】 前日の海外市場では引き続き米長期金利が上昇しており、債券先物(12月限)は前日比6銭高の150円88銭でスタート。寄り後は20年債入札を控えて一

前の記事へ »